Bang & Olufsen 完全ワイヤレスイヤホン Beoplay E8


完全ワイヤレスイヤホンが、少なからずブームだ。

スマホが普及して、別途特別な機器を用意することなく、どこでも音楽を聴いたり、動画をみたり、ゲームをしたりすることができるようになった。

面倒なケーブル接続にくらべるとワイヤレスはとても快適だ。つい最近まではワイヤレスといっても、右側のイヤホンと左側のイヤホンをつなぐケーブルが必要だった。それさえもなくしたのが、完全ワイヤレスイヤホンだ。

完全ワイヤレスにするためには、音源(スマホ)から、一旦、右か左のイヤホンに信号を送り、そこからもう片方のイヤホンに音を送る必要がある。この為出始めの頃は、左右のイヤホンで微妙な音の遅延があったり、ペアリングが煩雑でなかなかつながらなかったりなど、色々な問題があった。

しかし、それでも完全ワイヤレスのニーズは潜在的にあった様で、あっというまにそれらの問題は解決され、新商品が続々と登場してきている。

当初は、完全ワイヤレスだというだけで十分粗訴求力があったが、技術的問題はほぼ解決された現在では、よりよい音、音の個性が求められる様になってきた。

筆者も当初何度か完全ワイヤレスイヤホンを使ってみたが、接続の不便さもあるが、一番肝心の音質が価格に見合うものではなかったことから、結果的に満足感が得られず手放してしまった経緯がある。

そんな中で、最近出会ったのがこのバング・アンド・オルフセン の BEOPLAY E8だ。バング・アンド・オルフセンは、オーディオ界では老舗のデンマークのメーカーだ。このメーカーは、まず音質というよりも、なにかといかついオーディオ機器に部屋に溶け込む良質なデザインを提案してきたという印象がある。

簡単にいうと、見た目はとても素晴らしいが、音質的にはちょっと という印象だ。

そんなわけで、バング・アンド・オルフセンのイヤホンといってもあまりピンとはこなかった。

しかし、ネット上で好みの音を出してくれそうなイヤホンをレビューで調べていく中で、好みのフラットで透明感のある音を出してくれそうなものがあまりなく、どちらかというと消去法でこのイヤホンに行き着いた。

実際に購入して使ってみると、音は好みに近いフラットだ。解像感はそれほどないが、騒音の多い街中でつかうには、問題ない。欠点はといえば本体が、完全ワイヤレスイヤホンの中では大きめで、耳からはずれやすいことだ。しばらく様子をみて感想の続きを書いてみようと思う。

お風呂で音楽を聴くということ。

一日の生活のルーチンの中で、入浴時間というものが一番リラックスできるという方は多いと思う。

誰にもじゃまされずリラックスしているときに、好きな音楽を聴いたり、本を読んだりできることは至福の喜びだと思う。

今回は、バスルームで音楽を快適に聴くためにどんな方法があるかについて考えてみたいと思う。毎日、スマホを確認しているのに、彼氏が連絡をくれない!理由がわからない。

1)防水(または、防水ケースに入れるなどして)のスマホを持ち込み、スマホのスピーカーで聴く。

2)防水のスマホとスピーカーを持ち込む。

3)防水のスマホと防水のイヤホンで聴く。

まず、1)をやってみた。やはりスマホのスピーカーでは音が小さく、浴槽に静かに浸かっているときは良いが、体を洗ったりするととても聴きづらく、音楽を適当に聞き流す場合は良いが、Audible などの朗読を聴いたりするのは無理かも。

2)は、持ち込むスピーカーにもよるが、しっかりと聴けると思ったが、逆に狭い空間で音がまともに出ると、反響して逆に非常に聴きにくい。しかも、大きな音が出るので、バスルーム外に音が漏れてしまい。家族に迷惑をかけてしまう。

このやり方が、最もスタンダードだと思っていたが、逆にスマホのスピーカーで聴いていたほうがよっぽど快適だということに気づいてショックだった。

次に3)だ。これは、以前だとあまり選択肢になかったやり方だ。まずイヤホンのワイヤレスというものが、それほど一般的でなかったし、お風呂に持ち込めるほどの防水基準に達しているようなイヤホンはなかったからだ。

有線接続では、いくらスマホが防水対応でも防水ということにならない。

しかし、今は違うAmazon を見渡すと2千円程度で、シャワーの使用にも耐えうる様なワイヤレスイヤホンはゴロゴロしている。

この価格帯のものは、ステレオタイプの両耳イヤホンではなく、片耳イヤホンだ。

実際に試してみると、想像以上に快適だ。まず、一応完全防水と謳ってあるが、実際どうなのかはわからないが、万が一壊れたとしても、金額は安いので精神衛生上、気兼ねなく使える。

音質や片耳のみの対応なのも気になる点だったが、入浴中はほとんど問題にならないことに改めて気づいた。むしろイヤホンなので、まわりの環境に影響をうけないし、シャワー中でもなにも問題なく、快適そのものだ。

バスルームスピーカーを考えている方には、是非試してほしい。

FiiO製の超小型オーディオプレーヤー「M5」が気になる

この数年散々いろいろ試してきたポータブル環境。一時は結構重たいDAPと有線イヤホンを持ち歩いていた。

といっても実際にちゃんと音楽は聴けてない。まず、持ち歩くオーディオ機器やイヤホンが結構な値段なもので、気になってどこでも気軽にというわけにもいかない。歩きながらなんて、なかなか難しく、せいぜいカフェに入り落ち着いた頃おもむろにとりだしてなんてとこだ。

しかし、実際はカフェなどの音の中では、どんな良い機材を使用したとしても、会話の声などで思ったほど落ち着いて良い音でというわけにはいかない。結局家に帰って、夜中静まり返ってからでないと満足できる音では聴けないことに気づいた。

つまり、ポータブルでの高音質環境を求めれば求めるほど、音楽を聴く機会も減るし、良い音で聴くチャンスも少ないということだ。

結局、スマホで完全ワイヤレスのイヤホンでそれなりに聴くというのが、現実的で賢い運用方法だ。

今は、スマホとFOSTEX の TM2という 手持ちのイヤホンを完全ワイヤレス化できるアダプターに装着して聴いている。

お気に入りのイヤホンを手軽に聴けるということで、今の環境にとても満足している。

これで、ポーターブルオーディオ環境構築の迷宮から抜け出せたと思っていたが、甘かった。

イヤホン側がこれで落ち着けたと思ったら、音の送り出し側のプレイヤーのことが気になりだした。

もちろん、スマホ並みのDAPを追加で持ち歩くことには興味ない。これはここ数年の失敗と後悔ででさんざん学習してきたことだ。

しかし、もうすぐ発売予定のFilo製の 「M5」は、わずか数センチの大きさだ。Apple Watchを少し大きくしたくらいのサイズだ。

この大きさで、DACは「AK4377」を搭載。384kHz/24bitまでのPCMに対応。さらにDSDの5.6MHzまでをネイティブ再生できる。

しかも価格は1万円程度という一昔前では考えられないリーズナブルな設定だ。

これがあれば、手持ちのヘッドフォンに取り付ければ、お手軽に室内でヘッドフォンを楽しめそうだ。しかし、本当にこの運用が正解なのかどうか、もう少しじっくりと考えてみたい。

SONY 完全ワイヤレス、ノイズキャンセリング機能付 イヤホン WF-1000XM3 が気になる。

イヤホンやヘッドフォンのノイズキャンセリングの性能の進歩にはずっと注目している。

外でよりよい音で音楽そ聴こうとしたときに、実は一番影響するのは周囲の音環境だ。

どんな良い機材で音を聴いていても、周りの音がうるさければ全く意味がない。一時は、イヤホンの遮音性が重要視されていたが、実はこれは外では非常に危険だ。周りの音がしないということは、自転車や車の通る音、危険を察知するシグナルすべてが聞こえにくくなるということになる。

なので、必要な音は聞こえ、しかも静寂感を実現するという、ノイズキャンセリングの技術には、とても興味がある。

日中は静かなところだと思っていても、実はさまざまな生活音が聞こえている。

真夜中の静寂感は理想だ。いつかこの真夜中の静寂感がノイズキャンセリングの技術の向上で実現されることを夢見ている。

そんな中、最近発売された SONY の WF-1000XM3 がとても評判が良いらしく、とても気になっている。

AMAZON の評価を見ると、雨の音は消えるとあり。

また、ホームページ上のレビューでも、エアコンの音や生活音はかなり消えるとの事。また、電車やバスなどの交通機関の走行音もかなり消えるとある。

外出時に音楽を真剣に聞こうとすると結局、音楽のヴォリュームを上げなければならず、通勤時の電車などの交通機関の中で聴くことが多いい場合慢性的に大きな音で聴く習慣ができてしましい、難聴にもつながると聞く。

価格は3万円程度と完全ワイヤレスイヤホンの中でも高価な部類に入るが、ノイズキャンセル機能が優れているならば、十分価格に見合うものならば、検討の余地があると考えている。音質の傾向は、バランス重視のフラットなものらしいが、ソニーのオーディオ製品にありがちな、誇張気味な派手さのない音であれば、十分試聴した上で納得できるようなものであれば購入したいと思っている。

現在とても気に入って使用頻度も高いFOSTEX TM2にも、いつか優秀なノイズキャンセル機能が搭載されれば最高なのだが。

ソニーのワイヤレス「耳を塞がないイヤホン」SBH82D が気になる

ほぼ一日中、音楽を聴いている。依存しているというか生活習慣病ともいえるほどだ。家のなかではスピーカーでながら聴き。外出時にも必ずなんらかのイヤホンを装着して外出している。
一日中イヤホンをしていると、耳が痛くなることもあるが、一番気になるのは、音に没頭できる環境をつくってしまうと周囲の音がほとんど聞こえないのだ。歩道を歩いていても、自転車が直ぐそばを通り過ぎ、ひやっとしたことも何度もある。
最近ソニーの耳を塞がないイヤホンというものが話題になっており、とても気になっている。同じようなことを感じている人が多くいて、一定の需要があるということか。
調べてみると、通常のイヤホンの様に耳の穴にイヤホン本体を入れるのではなく、イヤホン本体から少し離れた部分にある、大きめの穴のあいたイヤピースを耳に入れ、耳から少しはなれた位置に音の出る部分が固定される仕組みだ。
通常のイヤホンを手で耳から少し抜いた状態で音を聴くような感じか? 手持ちのイヤホンで試してみると、もちろん音は聞こえるが、高温域がシャリシャリ鳴るだけで、中低音はほとんど聞こえない。
この感覚だと、確かに音は聞こえるが、音楽を楽しめる様な状態かどうかが疑問だ。

女性は透き通るような若々しい肌を追い求めるものだ。

首に年齢がでる、などと言って毎日ケアをしている。だからクリアポロンの効果は抜群で評判がある。
レビューなどをみると、中低域がしっかり出て違和感がないとある。独自の音導管を通して鼓膜へ音を届ける仕組みとあるが、どの様なものか、興味がある。一日中つけっぱなしでも気にならず、疲れないというのもいい。ただし、周囲の音がしっかり聞き取れるということは、喧騒の中で音楽を聴くことができるのだろうか?これもホームページで評価をみるとやはり電車の中での使用は無理なようだ。やはり、使用環境に応じてイヤホンを使い分ける必要がありそうだが、コンパクトでポケットに入れてもそれほど邪魔にナラない大きさなので、常時持ち歩くのも悪くないかもしれない。
耳への装着部分を除けば、よくあるネックバンド式のワイヤレスBluetoothイヤホンで価格も9千円程度と買いやすい価格だ。試しに買ってみようかと思ったが、やはりイヤホンは視聴した上で購入すべきだという過去の教訓を守り家電量販店でしっかり試聴した上で購入を検討しようと思う。