ソニーのワイヤレス「耳を塞がないイヤホン」SBH82D が気になる

ほぼ一日中、音楽を聴いている。依存しているというか生活習慣病ともいえるほどだ。家のなかではスピーカーでながら聴き。外出時にも必ずなんらかのイヤホンを装着して外出している。
一日中イヤホンをしていると、耳が痛くなることもあるが、一番気になるのは、音に没頭できる環境をつくってしまうと周囲の音がほとんど聞こえないのだ。歩道を歩いていても、自転車が直ぐそばを通り過ぎ、ひやっとしたことも何度もある。
最近ソニーの耳を塞がないイヤホンというものが話題になっており、とても気になっている。同じようなことを感じている人が多くいて、一定の需要があるということか。
調べてみると、通常のイヤホンの様に耳の穴にイヤホン本体を入れるのではなく、イヤホン本体から少し離れた部分にある、大きめの穴のあいたイヤピースを耳に入れ、耳から少しはなれた位置に音の出る部分が固定される仕組みだ。
通常のイヤホンを手で耳から少し抜いた状態で音を聴くような感じか? 手持ちのイヤホンで試してみると、もちろん音は聞こえるが、高温域がシャリシャリ鳴るだけで、中低音はほとんど聞こえない。
この感覚だと、確かに音は聞こえるが、音楽を楽しめる様な状態かどうかが疑問だ。

女性は透き通るような若々しい肌を追い求めるものだ。

首に年齢がでる、などと言って毎日ケアをしている。だからクリアポロンの効果は抜群で評判がある。
レビューなどをみると、中低域がしっかり出て違和感がないとある。独自の音導管を通して鼓膜へ音を届ける仕組みとあるが、どの様なものか、興味がある。一日中つけっぱなしでも気にならず、疲れないというのもいい。ただし、周囲の音がしっかり聞き取れるということは、喧騒の中で音楽を聴くことができるのだろうか?これもホームページで評価をみるとやはり電車の中での使用は無理なようだ。やはり、使用環境に応じてイヤホンを使い分ける必要がありそうだが、コンパクトでポケットに入れてもそれほど邪魔にナラない大きさなので、常時持ち歩くのも悪くないかもしれない。
耳への装着部分を除けば、よくあるネックバンド式のワイヤレスBluetoothイヤホンで価格も9千円程度と買いやすい価格だ。試しに買ってみようかと思ったが、やはりイヤホンは視聴した上で購入すべきだという過去の教訓を守り家電量販店でしっかり試聴した上で購入を検討しようと思う。