SONY 完全ワイヤレス、ノイズキャンセリング機能付 イヤホン WF-1000XM3 が気になる。

イヤホンやヘッドフォンのノイズキャンセリングの性能の進歩にはずっと注目している。

外でよりよい音で音楽そ聴こうとしたときに、実は一番影響するのは周囲の音環境だ。

どんな良い機材で音を聴いていても、周りの音がうるさければ全く意味がない。一時は、イヤホンの遮音性が重要視されていたが、実はこれは外では非常に危険だ。周りの音がしないということは、自転車や車の通る音、危険を察知するシグナルすべてが聞こえにくくなるということになる。

なので、必要な音は聞こえ、しかも静寂感を実現するという、ノイズキャンセリングの技術には、とても興味がある。

日中は静かなところだと思っていても、実はさまざまな生活音が聞こえている。

真夜中の静寂感は理想だ。いつかこの真夜中の静寂感がノイズキャンセリングの技術の向上で実現されることを夢見ている。

そんな中、最近発売された SONY の WF-1000XM3 がとても評判が良いらしく、とても気になっている。

AMAZON の評価を見ると、雨の音は消えるとあり。

また、ホームページ上のレビューでも、エアコンの音や生活音はかなり消えるとの事。また、電車やバスなどの交通機関の走行音もかなり消えるとある。

外出時に音楽を真剣に聞こうとすると結局、音楽のヴォリュームを上げなければならず、通勤時の電車などの交通機関の中で聴くことが多いい場合慢性的に大きな音で聴く習慣ができてしましい、難聴にもつながると聞く。

価格は3万円程度と完全ワイヤレスイヤホンの中でも高価な部類に入るが、ノイズキャンセル機能が優れているならば、十分価格に見合うものならば、検討の余地があると考えている。音質の傾向は、バランス重視のフラットなものらしいが、ソニーのオーディオ製品にありがちな、誇張気味な派手さのない音であれば、十分試聴した上で納得できるようなものであれば購入したいと思っている。

現在とても気に入って使用頻度も高いFOSTEX TM2にも、いつか優秀なノイズキャンセル機能が搭載されれば最高なのだが。